mana's green 吉祥寺で多肉植物販売とガーデンデザインをするお店です。

Succulents&Caudex 多肉植物&塊根植物

 / 

Garden & Exterior ガーデン&エクステリア

 / 

Interior green インテリアグリーン

2018.08.11

夏の植え替え

 

夏の植え替え

 

植物が生き生きするこの季節、数多くのイベントや植物屋巡り等で新たなコレクションが増えた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

気に入った植物を自宅でオシャレに仕立てて飾りたい!と思う方も多いと思います。

そこで気になるのが春・秋が好ましいとされる植物の植え替え時期と夏に植え替えていいものかどうか、、、

今回は植え替え時期とその注意点についてお話ししたいと思います。

 

 

そもそもなぜ春・秋の植え替えが良いとされているのか

 

植物のこれと言った植え替え時期に決まりはありません。

気を付けていただきたいのは

・植え替え後、気温差が多い環境下に置かない

・植え替え後、植物の状態を見極め、水のやり方には十分注意する。

・植え替え時に根を傷つけない

といった点です。

 

植え替えた時点で植物は少なからずダメージを受けてしまいます。

馴染んだ土から新しい土へ活着するまで植物は新たな環境に適応するために体力を使います。

そのタイミングが夏越しや冬越しといった通常でも体調維持に体力を使う時期にあたってしまうと、植物に負担が多くかかり失敗してしまう可能性が高くなるのです。

なので気候・気温の安定している春や秋の植え替えが望ましいとされているわけです。

特に当店が扱う植物類は寒さに弱いものが多いので、これから寒い冬を迎える秋より夏の成長期を迎える前の春をおすすめしています。

極端なことを言えば、特別な環境をお持ちで季節問わず安定した環境を整えてあげることが出来るのであれば季節は問いません。

 

 

植え替え後の養生

 

植え替え後の植物は株本体が安定するまで養生することが必要です。

 

養生中の管理方法は

・直射日光は避け、明るい日陰または遮光された場所に置く

・風通しの良い場所に置く

・根が水を吸い上げにくくなっている分過度に水やりをしない

・葉水を通常よりこまめにする

といった点があげられます。

養生中、強い陽ざしにあたってしまうと通常以上に体力を消耗している植物にとっては大きなダメージをさらに与えることになってしまいます。

また、根が活着していない分、水を吸い上げる力も弱まっているので水のあげすぎは根腐れにつながる可能性が高くなります。

養生中は半日陰に置き、水は土が乾いたらたっぷりあげ、根で水が吸えない分霧吹き等で葉水をし植物の水分を補ってあげましょう。

養生中に葉が枯れてしまったり、落としてしまったりもしますが植え替え時に植物を傷つけないように細心の注意を払い、しっかり養生をしてあげれば植物は新たな鉢と土になじみ通常の管理でも問題ない状態になります。

 

 

 

ポットに植えられた苗等はやはりお気に入りの鉢に仕立ててあげたいですよね。

 

 

 

以上夏の植え替えとその時の注意点についてお話してきました。

植物の管理には様々な知識と経験が必要になります。

その中には新たなことも多く、不安や残念ではありますが失敗も付き物です。

ですが、お客様ご自身がその手で植物に手をかけ愛情を注いだ分植物がその成長で応えてくれます。

ご自身の経験を糧に植物のある暮らしを満喫しましょう。

動きはしなくてもその表情で魅せてくれる植物と長く楽しく付き合っていくお客様を

mana’s greenは応援致します!

 

 

多肉植物の販売・ディスプレイ・レンタル ガーデニング&エクステリアの事なら

 

mana’s green マナズグリーン

 

mana’s greenがこだわりぬいた植物と共に過ごし
“心『♥︎』を豊かに”

植物と人を足すことにより1ではなく2にも3にも10にもなり、
日々の暮らしを楽しませてくれる。
常に新たなガーデンデザインや珍しい植物を東京・吉祥寺から発信します。
すべての人の植欲を満たす園芸ブランドです。

お気軽にお問い合わせください!

 

☑mana’s green ホームページ

 

☑mana’s green ブログ

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

News

  1. レンガ調のアパートのガーデニング 施工しました!
  2. 夏の植え替え
  3. お盆休み中の店舗営業日とWEBSHOP情報