mana's green 三軒茶屋で多肉植物販売とガーデンデザインをするお店です。

Succulents&Caudex 多肉植物&塊根植物

 / 

Garden & Exterior ガーデン&エクステリア

 / 

Interior green インテリアグリーン

2021.11.03

【発根確率UP】失敗しない抜き苗グラキリスの選び方!

皆さまこんにちは。
マナズグリーンSTAFF のしゅんです。

 

今回はみんな大好きグラキリスについてのお話です!
よくグラキリスを調べていると「ベアルート株」「抜き苗」「未発根」

という表記を目にするかと思います。

この表記があるものは全て根っこが生えていない状態の株をさす言葉で、
多くはマダガスカルから輸入されてきた株になります。

 

 

では、なぜ根っこが生えていないのかというと。。。
マダガスカルから日本にやってきた植物たちは、植物検疫を通すために根の土を落とす=根をカットしなくてはならないのです。
海外から持ってきたカッコイイ植物を日本で育てるのはやむ負えないこととなんですね。。。

このことから日本に来たばかりのグラキリスは未発根で、発根管理をする必要があるんです!

 

こう聞くと
「難しそうだな、、、」
「初心者には厳しいな」
「どの株を選べばいいかわからない」

といった声が多く聞こえてきそうです。
たしかに植物の事なので「この株は100%発根します!」ということはありません。

 

しかし、発根させるためには 環境2割:株のポテンシャル8割
と言われるほど株選びはとても重要なんです!

株選びを適正に行えれば発根確率90%も夢ではありません。
そこで今回は!失敗しない抜き苗グラキリスの選び方をご紹介いたします!

 

それでは行きましょう!

 

【重量】

一つ目に大事な要素は”重量”です。

グラキリスのあのぷっくり太った塊根部は貯水タンクのような働きがあります。

マダガスカルの自生地は比較的降水量が少なく、土壌の栄養もあまりない場所が多いので

そんな環境に適応するため、根や幹に水分や栄養を蓄えるように進化してきました。

 

https://manas-green.com/items/617b3f8e2b3ca10690bf434c

 

つまり、栄養や水分が十分に蓄えられていない株は軽く

逆に十分に蓄えられた株は重く、エネルギーがあるということになります。

 

重い株=発根するということではないのですが

経験上、重量の重い株は発根しやすいなと感じます。

 

またエネルギーを蓄えている重い株は、発根管理のタイムリミットが長いというのもメリットです。

軽い株は、抜き苗のままで約1~3カ月

重い株は、抜き内のままで約6カ月~1年

株の大きさや密度、管理環境によっても変わってくるので

あくまで参考ですが、これほどの差がある可能性があるので

絶対に発根させたいという方は、重さで選ぶというのも一つかもしれません。

 

【ハリ】

直接見て選べるのであれば、問題ないのですが

ネットショップなどで購入する際は重量はわかりません。

 

判断材料とすれば写真くらいなもの、、、

ズバリ!写真で判断するしかない時に見るべきポイントは”株のハリ”

 

https://manas-green.com/items/617b40f3c15c5a1b4d8f62aa

 

塊根植物は「太っている」という表現を良くしますが

栄養や水分をよく蓄えている株は、はち切れんばかりのパンパンの塊根部なので

縦シワがほとんどなく、ハリのあるカチカチボディーなのです。

 

(シワが入っている=発根しない)ということではなく
元気な株にも、どうしてもしわは入ってしまいますが
あまりにも縦シワが多く入っている株は少しやせている可能性が高いので
ネットで購入を検討されている方は参考にしてみてください!

 

【株の色】

経験上、発根させやすい株の色というものがあります!

結論から言うと”緑肌”

 

https://manas-green.com/items/617b40653303780130c4a5b3

 

ここまで緑肌はあまりいませんが、一部だけ緑肌のような株はちらほら

 

https://manas-green.com/items/617b40039dbfee4c621c064b

 

塊根植物の緑肌は健康的というイメージを持っている方も多いかもしれませんが

まさにその通り、緑肌のグラキリスが発根しなかったケースはあまりなく

発根スピードもとても速い印象です。

 

それ以外の肌色を持つグラキリスはどれも同じような発根確率な気がします。

そこらへんは好みもあるので、好きな肌色を選ぶのが一番ですが

どうしても発根してほしいという方は、緑肌がオススメです!

 

【根まわり】

最後のポイントは根まわり!

主に根がどの位置まで切られているかということを確認しましょう。

株元ギリギリまで切断されている株よりは

少しでも主根が残っている株の方が安心です。

 

「安心株」

https://manas-green.com/items/617b4c472b3ca14e63bf433e

 

主根やその周りから根が生えることがほとんどなので

もし主根が残っていない場合は少しだけ難易度が高くなります。

少しでも主根のある株を選ぶようにしましょう!

 

いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介したポイントを抑えていただければ、発根する確率は格段にUPします。

ただやっぱり、そんな難しいことを気にせずに好きな形、好きな肌色で選んでほしい!

 

ということで、今回WEBにアップしているグラキリスの抜き苗は、すべてスタッフが一つずつ検品し

「重量」「ハリ」の項目で基準をクリアしている株のみをアップしております。

皆様に見ていただくのは「形」と「色」と「根まわり」だけ!

純粋に”株”本来の魅力をお楽しみください。

 

常に状態が変化する植物なので、
ご注文いただいた商品が発送までに重量やハリがなくなってしまった場合は
発送前に一度ご連絡させて頂いております。
その場合、発送前であれば変更、キャンセルも可能ですので、安心してお買い求めください!

 

自分で発根させた時の喜びは格別です!

この機会に是非チャレンジしてみてください。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

皆様のグラキリスが無事に発根しますように、、、

Pocket
LINEで送る

News

  1. 年末年始のお休みのお知らせ
  2. 12月3日~5日 臨時休業
  3. 【実験結果】育成ライトで育てたアガベ!