mana's green 吉祥寺で多肉植物販売とガーデンデザインをするお店です。

Succulents&Caudex 多肉植物&塊根植物

 / 

Garden & Exterior ガーデン&エクステリア

 / 

Interior green インテリアグリーン

2019.07.23

梅雨明け寸前!夏の塊根植物 育成環境について

 

天気予報に☀マークが

 

今週に入り後半からやっと晴れマークが天気予報に並ぶようになってきました。

ついに梅雨明けか⁉と期待させてくれますね。

ここで塊根植物を梅雨明けから夏の管理へ切り替えるときの

注意ポイントをお伝えいたします。

 

 

 

 

 

夏の日差しは急に来る!?

 

昨日までは曇りだったから明日の晴れも大したことないかな…

なんて思っている間もなく夏は突然やってきます!

梅雨をもたらす梅雨前線の空の上には今か今かと夏が待ち構えた状態。

なのでそれが去ればすぐに夏空が顔を出します。

 

室内で管理していた方は屋外管理へ移行したいことろですし、

屋外管理の方も置く場所のチェンジをする必要があるかもしれませんね。

 

 

まずは屋内から屋外へ移動されるときのポイント☝

屋内管理されていた株はまだ直射日光になれていません。

太陽をがっつり当てて塊根部をパンパンにしたいところですが、

ここは慎重に、徐々に日光の強さに慣らす必要があります。

まずは軒下やベランダの日陰、数日してから午前中の直射が当たる箇所へ。

水やりをした日はがっつり直射に当ててみて、問題が無ければそのまま管理を続けます。

 

屋外の雨が当たらない場所で管理されていた方も同じく軒下や半日陰から始めましょう。

屋内から移したものより少し早めに直射日光へ適応していくと思います。

 

 

直射日光にガンガン当てても大丈夫…とは言い切れない!

いくら乾燥地帯に生息する塊根植物といえど、

その環境は日本とは全く違うもの。

アスファルトやマンション高層階など、

直射日光による温度上昇が厳しすぎる環境が多くのお客様の環境下で見られます。

 

こういった場合は安易に直射日光下で管理すると、

水切れや葉焼け、株本体の水分水分不足によるへこみ等

塊根植物にあってほしくないダメージに繋がることも…

 

直射日光下があまりにも厳しすぎると思ったら、

遮光ネットの使用をオススメします。

これによりアスファルトの照り返しや、気温の上がり過ぎなど、

厳しすぎる陽ざしから塊根植物を守ることが出来ます。

際しくは以前書いたブログにて↓↓↓

https://manasgreen.net/4815

 

 

 

 

厳しい夏は塊根植物がガンガン成長する最高の季節!

 

人は汗だく、日焼けも気になる、外を歩けば息も吸えない程も猛暑。

そんな日は塊根植物にとっては最高の一日かもしれません!

 

塊根植物にとって最高の環境を整えて

この夏のボタニカルライフをを大いに満喫しましょう!

 

一緒に過ごす植物をお探しならぜひmana’s green へ✋

お客様にぴったりの植物がきっと見つかるはず!

 

 

 

多肉植物の販売・ディスプレイ・レンタル ガーデニング&エクステリアの事なら

 

mana’s green マナズグリーン

 

mana’s greenがこだわりぬいた植物と共に過ごし
“心『♥︎』を豊かに”

植物と人を足すことにより1ではなく2にも3にも10にもなり、
日々の暮らしを楽しませてくれる。
常に新たなガーデンデザインや珍しい植物を東京・吉祥寺から発信します。
すべての人の植欲を満たす園芸ブランドです。

お気軽にお問い合わせください!

 

☑mana’s green ホームページ

 

☑mana’s green ブログ

 

Pocket
LINEで送る

News

  1. 冬のファイナルSALE!!!11月30~
  2. 明日からBOTTA!
  3. 11月の営業スケジュール更新しました。